購入単位は口数で!投資信託の利益の出し方

第四章-1:投資信託の基本
この記事は約4分で読めます。

通常の資産運用や投資はもちろん、確定拠出年金・idecoの運用商品にもなっている投資信託

投資信託がどういったものなのかは、前回の記事で説明しました。

 

これが分かったうえで一番気になるのは、

「どのように利益を出すのか」

という部分でしょう。

 

投資信託も利益の出し方は他の商品と同じで、
・キャピタルゲイン
・インカムゲイン
この2つになります。

 

しかし、例によって投資信託も少し特殊な部分があります。

債券ほど特殊というわけでは無いですが、投資信託を学ぶにおいて基礎になる部分です。

今回の記事で用語も含めて解説するので、是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

キャピタルゲインは基準価格を見る!

 

利益の1つ目、キャピタルゲインです。

一言でいうと、買った価格よりも売った価格が高ければ得る事が出来る利益です。

この部分は、株と全く同じです!

 

株と違う点は、投資信託の値段の呼び方です。

投資信託についている価格の事を、「基準価格(きじゅんかかく)」と呼びます。

 

また投資信託の購入単位は、10万口というような「口数単位」になります。

新聞やネットにこの基準価格が表されていますが、その基準価格は「1万口単位」で表されています。

 

投資信託のキャピタルゲインは、

安い基準価格で買って
高い基準価格で売る

という事になります。

 

ここは基本ルールなので、合わせて覚えておきましょう。

※基準価格の決まり方・変動要因については、次の記事で解説します。

インカムゲインは分配金を見る!

 

利益の2つ目、インカムゲインです。

投資信託には、「決算月」というものが決められています。

その決算月に”1万口あたり20円”など、保有している口数に応じて「分配金」というものが出ます。

この分配金が、投資信託にとってのインカムゲインになるわけです。

 

決算月に関しては、
・決算月が毎月あり、積極的に分配金を出していく投資信託
・決算月が年に1回しか無く、分配金はあまり出さない投資信託
など、投資信託ごとに特色があります。

投資信託の情報で、過去○年間の分配金額のデータなどは見る事が出来るので、そこを投資の参考にしている方も多いですね。

 

また分配金の話をする時も、基準価格と同じく「1万口単位」です。

ここはしっかり、押さえておきましょう。

 

分配金は普通分配金と特別分配金の2種類があります。
・普通分配金は、預けたお金の利益が支払われている。
・特別分配金は、預けたお金の元本部分が支払われている。
といった内容です。
その為投資信託は、「分配金が多い程良い」という商品ではありません。
分配金に関しては、別記事で詳しくお伝えしますので、合わせてご覧ください。
スポンサーリンク

まとめ:投資信託も利益の出し方は2つ

 

今回の記事では投資信託の利益の出し方として
・キャピタルゲイン(基準価格で売り買い)
・インカムゲイン(分配金を受け取る)
の2つを解説しました。

考え方としては、株式と非常に似ています!

しかし、投資信託の表示されている基準価格や分配金は、すべて1万口あたりです。

この部分はルールとしてしっかり押さえておきましょう。

 

また
・キャピタルゲインの見出しで触れた基準価格の決まり方や変動要因
・インカムゲインの見出しで触れた決算月についてと普通分配金と特別分配金

これらは投資信託の「仕組みの肝」になってくる部分です。

ここを押さえておくと、「金融リテラシ―が高い」と言えると思います。

別記事でしっかり解説しますので、是非合わせて覚えましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました