株が買えるのは日本だけじゃない!高校生が興味を持てる世界の上場企業3社

②株式の基本
この記事は約6分で読めます。

皆さんは、日々どんなサービスを使っていますか?

 

僕は基本的に金融の勉強やビジネスを行う時に、iPhone8を使ってYouTubeを見たり、日経新聞の電子版を見たり、ツイッターで情報収集をしたりします。

また、資格の勉強もするので、アマゾンで過去問の本を購入したりします。

サラリーマンもやっているのですが、疲れてるし面白くない事も多いから、すぐに眠くなっちゃうんですね。笑

でも眠ると怒られてしまうので、コーヒーを眠気覚ましで飲みます。

ネスレのコーヒーが美味しいですね!

 

さて、僕の日常をさらけ出してしまいました。笑

実は今の日常の中には、

米国の市場に上場している株式が4社
スイスの市場に上場している会社が1社

出てきています。

何処でしょうか…?

 

 

正解は、

米国

・Apple Inc.(アップル)お馴染み「iPhone」を作っている会社です。
米国NASDAQ [AAPL 1株116.36ドル]

・Alphabet Inc.(アルファベット)googleの親会社です。「YouTube」はgoogleのサービスです。
米国NASDAQ[GOOGL 1株2,007.50ドル]

・Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)ご存知アマゾンです。
米国NASDAQ[AMZN 1株2,951.95ドル]

・Twitter, Inc.(ツイッター)皆使っているSNSですね。
米国NYSE[TWTR 1株63.48ドル]

スイス

・Nestle S.A.(ネスレ)ネスカフェでお馴染みですね!ここはスイスの会社なのです。
スイス証券取引所SIX[NESN:SW 1株99.36CHF(スイスフラン)]

※株価は2021/3/8終値ベース

 

このように、普段の生活に関わってきている企業は、海外の会社で株が買えるところが非常に多いです!

身近なあんな企業やこんな企業も海外で上場していて株が買えちゃう所もあるので、授業に絡めた話のネタに、是非取り入れてみてください!

 

という訳で今回の記事では、
・高校生にも興味がありそうな企業
を今紹介した米国4社、スイス1社以外に紹介していきます。

スポンサーリンク

米国の株式市場

まずは、冒頭で紹介したApple、Alphabet、Amazon.com、Twitterなどがある米国の株式市場に上場している企業について2社ご紹介していきます。

何故米国かというと、米国株式市場は世界シェアの40%以上を占めていて、米国が世界の株式市場にもたらす影響が大きい為です。

その為、投資や資産形成の勉強する際は、覚えておいた方がいい市場と言えるでしょう。

また、知っている企業も多い為、イメージが付きやすいですからね!

 

ではまず、具体的な企業名を知る前に、米国の株式市場全体について知っておきましょう

 NYSEとNASDAQとは

NYSEは、ニューヨーク証券取引所
NASDAQは、ナスダック
どちらも米国の株式市場になります。

・NYSEは世界最大の株式市場で、時価総額合計は約3010兆円と言われています。(2019年時点)
大型の優良企業が上場しています。
・NASDAQは世界で2番目の時価総額で、合計は約1100兆円と言われています。(2019年時点)
米国の新興企業向けの株式市場になっています。

 

日本でいえば、

NYSE=東証一部
NASDAQ=JASDAQ・マザーズ

のような感覚です。

JASDAQは名前の通り、日本版のNASDAQです。

 

では次から、具体的な企業を2社紹介します。

スポンサーリンク

みんな大好きInstagram

 

今や皆さんの生活の一部になっているSNS

僕も非常に使います。

一番使うのが冒頭で紹介したTwitterなのですが、他にも若い子に人気なSNSがありますね?

そう、Instagramです。

 

実は、インスタも米国では上場しているのです。

いや、厳密に言うと、インスタを提供している会社です。

 

そう、あのFacebookです!

 

インスタがFacebookのサービスって事を知らない人も多いのではないでしょうか?

僕も当初は知らずにびっくりしました!

そんなFacebookも米国市場に上場している為、買い付ける事が出来ます。

高校生にとってインスタ等のSNSは切っても切れないものでしょうから、授業でも例に挙げると、頭に入ってきやすいでしょう。

 

・米国NASDAQ Facebook, Inc. [FB 1株255.31ドル]
※株価は2021/3/8終値ベース

海外のあのサッカーチームも・・・

 

これは証券マンも知っている人は少ないかもしれません。

あの海外有名サッカーチーム

イングランド・プレミアリーグ
Manchester United Football Club(マンチェスター・ユナイテッドFC)
通称:赤い悪魔

このチームも実は、株式市場に上場しています!

 

・米国NYSE Manchester United PLC[MANU 1株20ドル]
※株価は2021/3/8終値ベース

 

かつて、デビット・ベッカムやクリスティアーノロナウドも所属していた人気チームです。

イングランドのサッカーチームですが、米国に上場しているんです!

このように他国の企業が上場するのは、サッカーチームに限らず様々な企業でも起こっています。

 

日本のスポーツチームは上場しませんが、ヨーロッパのサッカーチームは他にも数チーム上場しています。

サッカー好きの生徒は、耳を傾けるネタになると思います。

しっかり押さえておきましょう!

スポンサーリンク

韓国の株式市場:大人気韓国ヒップホップグループ「BTS」

最後は、米国ではなく韓国の企業を紹介します。

 

何故なら韓国には、高校生が大好きでおなじみ韓国のアイドルがいるからです!

その名も、韓国の7人組男性ヒップホップグループ「BTS」

デジタルシングル「Dynamite」は、TikTokでも爆発的な人気を誇っています!

このBTSの所属事務所ビッグヒットエンターテインメント(Big HitEntertainment Co Ltd)も、最近上場して話題になりました。

 

・韓国取引所 Big HitEntertainment Co Ltd[208,000KRW(韓国ウォン)]
※株価は2021/3/8終値ベース

まとめ:身近な企業が、たくさん上場している

今回の記事では、
・高校生にも興味がありそうな企業
を紹介しました。

 

米国市場では冒頭も含めて6社
・Apple
・Alphabet(アルファベット:グーグルの会社)
・Amazon.com
・Twitter
・Facebook(Instagramを運営)
・Manchester United(マンチェスターユナイテッド:サッカーチーム)
スイスは1社
・Nestle(ネスレ)
韓国は1社
・Big HitEntertainment(ビッグヒットエンターテインメント:BTSの所属事務所)

 

ここでは、ほんの一例を出しました。

授業というのは、生徒にとってただでさえつまらないもの。

興味を引くためには、色々な工夫を凝らさなければなりません。

その一つに、このような身近な企業・自分の興味がある分野を出すのは良いでしょう。

生徒に自分の趣味を絡めた上場している企業を調べてきてもらうのも、良いかもしれません。

是非、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました