就活にも出てくる!株式の「時価総額」ってなに?どういう時に使われるの?

第二章-2:株式の応用
この記事は約4分で読めます。

株式の話をしていると出てくるワード

「時価総額」

皆さんも耳にしたことがあると思います。

当ブログでも、何度か出てきたワードです。

しかしこの時価総額、意味をしっかりと理解している方は、少ないのではないでしょうか?

 

このように株式市場や資産運用の世界では、「聞いた事はあるけど、そういえば意味は知らない」という言葉は非常に多いです。

 

この時価総額という言葉は、株式を学ぶ上で必ず押さえておかなければいけないワードです。

そこで今回の記事では、
・時価総額とは何か
・どういう時に使うものなのか
を簡単に解説していこうと思います。

 

「時価総額?初めて聞いた」

「聞いた事はあるけど、意味なんて知らない」

「いつのタイミングで使うものなの?」

そんなあなたは、是非この記事を参考にして下さい。

 

また、時価総額は就職活動の際も頻繁に出てくるワードになります。

是非、高校生の生徒さんに腹落ちしてもらえるように、理解しておきましょう。

スポンサーリンク

時価総額とは、企業価値を表す指標

 

時価総額とは、一言でいうと「その企業の価値」「その企業の規模」を表す指標となります。

計算式は非常に簡単!

株価×発行済株式数

これだけで求める事が出来るのです。

 

こちらの記事でも簡単に説明しているように、株式は無限に発行されている訳ではなく、限りがあります。
(限りがあるから、保有している株式の%によって株主総会での株主の権利が決まってくるわけですね。)
株式って何?なんで会社は上場するの?企業側と投資家側の目線
「資産運用」「投資」 と言えば、頭に浮かんでくるのが"株式"ではないでしょうか? 株式って、なんとなく皆さんご存知だと思います。 しかし、いざ 「株式って何?説明して」 と言われると、説明できな...

時価総額は、分析で使われる

 

「時価総額の意味は分かったけど、実際にいつ使うの?」

こんな疑問が湧いてくると思います。

一言で言うと、時価総額は企業の「分析」で使われます。

 

具体的な分析方法では、企業間の比較です。

通常、上場している同業の企業を比較しようと思っても、株価オンリーだと比較が出来ません

何故ならば、会社によって発行している株式の数が異なる為です。

 

A社とB社という例を使って考えてみましょう

[条件]

株価
A社とB社ともに1000円

発行済みの株式数
A社は100株
B社は1000株

A社:株価1000円×100株=時価総額10万円
B社:株価1000円×1000株=時価総額100万円

A社とB社は株価だけで見ると1000円で同じですが、
時価総額を見ると、B社の100万円の方が高いです。

 

これにより、
・株式市場では、B社の方がA社より成長性があると見込まれている
もしくは
・A社の株の方がB社よりも割安で、お買い得な株式
などと比較して分析する事が出来ます。

 

株価だけだと、
・A社とB社は同じ
という答えにしか、辿り着かない訳です。

 

別の記事で解説していきますが、
・業界内での比較(同業他社と)
・海外企業との比較
・過去と現在の比較
と、比較する対象は様々です。

また時価総額は、こちらの記事で簡単に説明している「ファンダメンタルズ分析」を行う際の基礎の一つになっています。
[リンク:株価には、2つの分析方法がある!]

就活の際に大切なポイント

 

資産運用とは関係ないですが、せっかく勉強するのであれば、小話として就活と紐付けると生徒さんにもプラスに働くでしょう。

時価総額の求め方を株式の観点から見ていくと、

時価総額が高い=投資家から評価されている会社

と認識することが出来ます。

 

投資家は価値がある企業・未来がある企業に投資をする事が多いです。
(そうでない場合もあるので、多いですという表現をします。)

その為、一般的に就職活動では「時価総額が高い会社が良い」と言われることが多いのでしょう。

所謂”大人達”が「大きい会社に就職する事は良い事」と言うのは、この時価総額の考え方から来ているという部分もあるでしょう。

 

個人的には、時価総額が高い会社に就職するのが良いとは言い切れません。
(興味関心・成熟企業向きかベンチャー企業向きかなど、人には適性がありますからね)

しかし、就活で一般的に注目されている時価総額の意味を理解するには、いいタイミングで一石二鳥になります。

興味関心も引けるので、是非一緒に話てみましょう!

スポンサーリンク

時価総額は、投資にも就活にも出てくるワード

 

「聞いたことがあるけど、意味はよく分からない」

こんな印象を持ちやすい「時価総額」というワード。

株価×発行済株式数

と、簡単に求める事が出来る、「その企業の価値」「その企業の規模」を表す指標という事がわかりました。

 

この時価総額は、
・資産運用や投資だと、企業同士の比較などの「分析」
・就職活動では、一般的に良い企業と言われるところの「見極め」
このように活用することが出来ます。

資産運用・投資や就活にも出てくる時価総額は、しっかり抑えておくようにしましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました